スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリントイーストウッド監督・主演の『グラントリノ』

さすがクリントイーストウッドとしか言いようのないほど、
完璧な作品でした。

この映画「グラントリノ」、日本ではゴールデンウィークに公開なので、
もうちょっと先なのですが、是非是非おすすめです。

話の筋はいたってシンプルなのですが、クリントイーストウッドは
やはり映画の天才だと思いました。

硫黄島の作品も私はすばらしいと思ったのですが、この作品は
なんといいましょうか、日常の戦争を扱ったというのか。
それから戦争がもたらす、人々の苦悩。
戦争が終わった後にも、人々の心は戦争で味わった苦悩を
なかなか忘れられないのですね。

この映画には、中国系の男の子と女の子が出てくるのですが、この映画
がはじめての作品のようです。特に女の子の方の演技は最高。とても
はじめての作品とは思えません。

クリントイーストウッドといえば西部劇なのですが、現代バージョンの
西部劇のにおいがするような映画でもありました。

とにもかくにも、おすすめでーす。

それにしても、この映画の中に出てくる、俗語やジョーク。
いったいどうやって日本語に訳すのだろうかとちょっと興味があります。
それからそれぞれの人種に対する偏見や差別用語。
これも日本語では非常に難しいと思います。
どんな日本語になるんだろ~。

アメリカにお住まいの方、この映画は見て損はないと思います。
いろんなメッセージが入っていますが、堅苦しすぎず、十分に娯楽の
要素も入っています。特に、クリントイーストウッドがcuss wordsを
次から次へと発するのには、もう私は笑いがとまりませんでした。
笑いあり、涙ありです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

ネットでラクラクチケット予約購入、e席リザーブでシックスワンダフリー

------------------------------------------------------------
キコさんからcuss wordsについてご質問がありました。
他にももしかして疑問に思っている方もいらっしゃるかも
しれませんので、ここに回答を掲載させていただきます。


> cuss words??って・・・。汚い言葉??

cuss wordっていうのはcurse wordからきていると思うんですが、
のろうような言葉というか、神を冒涜するような言葉というか、単に汚いというよりも、もうちょっと邪悪っていうんでしょうか。日本の放送禁止用語に似ているかもしれません。でも日本の放送禁止用語は本当に絶対言っちゃだめという感覚がありますが、このcuss wordsは、みな普通に使いまくってます。ただ子供の前では、できるだけ使わないように努力はしているようですが。

fuckとかson of bitchとかいうのはよくきくと思います。使い方によって、いろんな意味があるんですが、これは「くそ」を使ったり、「この野郎」とかって訳されるんですが、もっと色々あります。

Polack ポーランド人に対する蔑称
mick アイルランド人に対する蔑称
beaner メキシコ人に対する蔑称(豆ーbeanを食べる人という意味)
prick まぬけとかいうように訳されますが、penisという意味で、ボケナスとかに近い感じでしょうか。これに近いものにdickというのがあります。
dipshit どあほ
gook アジア人、特にベトナム人に対する蔑称

などなど、数え切れないほどあります。1分に1回くらいはこういう言葉が使われているような気がします。

【theme : ブログ日記
【genre : ブログ

⇒comment

Secret

No title

最近忙しくて未だ「スラムドラッグ~」も観れてない
ですが、これも絶対に観たいんですよねー。

cuss words??って・・・。汚い言葉??
教えてください。

キコさんへ

> 最近忙しくて未だ「スラムドラッグ~」も観れてない
> ですが、これも絶対に観たいんですよねー。

スラムドッグもほんとにいい映画だと思います。
主演の二人は今、現実の世界でつきあっているそうですよ。
グラン・トリノとどっちがいいかと聞かれると、どっちもと答えちゃいますねー。どっちも素晴らしいですが、個人的にはグラン・トリノの方が私は感動しました。

> cuss words??って・・・。汚い言葉??

cuss wordっていうのはcurse wordからきていると思うんですが、
のろうような言葉というか、神を冒涜するような言葉というか、単に汚いというよりも、もうちょっと邪悪っていうんでしょうか。日本の放送禁止用語に似ているかもしれません。でも日本の放送禁止用語は本当に絶対言っちゃだめという感覚がありますが、このcuss wordsは、みな普通に使いまくってます。ただ子供の前では、できるだけ使わないように努力はしているようですが。

fuckとかson of bitchとかいうのはよくきくと思います。使い方によって、いろんな意味があるんですが、これは「くそ」を使ったり、「この野郎」とかって訳されるんですが、もっと色々あります。

Polack ポーランド人に対する蔑称
mick アイルランド人に対する蔑称
beaner メキシコ人に対する蔑称(豆ーbeanを食べる人という意味)
prick まぬけとかいうように訳されますが、penisという意味で、ボケナスとかに近い感じでしょうか。これに近いものにdickというのがあります。
dipshit どあほ
gook アジア人、特にベトナム人に対する蔑称

などなど、数え切れないほどあります。1分に1回くらいはこういう言葉が使われているような気がします。

うまく説明できましたでしょうか?
もしわかりにくかったら、また聞いてくださいね。

ありがとうございます!すごく勉強になりました。
分かって映画を観るのとでは全然楽しみ方が違いそう。イーストウッドがfuckと言ってもなんら面白みを感じられない…(^_^;)
ブログ名の変更
「ヘルシーで簡単!カリフォルニア・クッキング!」は、 「カリフォルニア・ポスト」というタイトルに変わりました。 お手数ではございますが、リンクしていただいてる方は、 ブログ名の変更をしていただけると大変ありがたいです。 変わったのはタイトルのみで、URLに変更はございません。
レシピなど検索してね!
レシピや記事が検索できます。下の検索フォームで検索してみてくださいね~!
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
メールフォーム
ご質問、リクエストなどがございましたら、メールをお送り下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

国内配送料無料!
送料・返品無料でショッピング!
おすすめのリンク
QRコード
QRコード
モバイルでアマゾン
キーワード:
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
BMIをチェックしてみませんか?
プロフィール

ピース

Author:ピース
食は体をつくり、
体は心のすみかとなる
と思っています。
おいしいだけではなく
体にいいお料理を
カリフォルニアの食材を
まじえてご紹介!
動画レシピもあり!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。