スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパで3時間半・・・天国じゃ

昨日は久しぶりにスパ(エステ?)に行ってきました。

メニューはといいますと・・・、
最初にサウナ、
次に全身スクラブを1時間、
そして、フェイシャルを1時間、
それから全身マッサージを1時間。

サウナ、最後に行ったのは8年くらい前でした。
汗をなかなかかかない私は、日本にいたときから乾燥肌だったのに、
カリフォルニアの乾燥した気候でさらに超乾燥肌に。
でもサウナに入ると、汗のせいか、かなりしっとりします。

そして全身スクラブは、緑茶のエキスが入ったスクラブでした。
全身裏表をごしごししてもらって、あかすりの経験はないのですが、
あかすりって、こんな感じかなあと思いました。
そしてシャワーを浴びて、今度はローションでマッサージ。
思わず、天国じゃ~と言いそうになりましたが、
ここはアメリカ。英語にすると、ニュアンスがかわるので、
言いませんでした。

それから顔のマッサージというかエステなのかな?
目は閉じているので、何をされているかは想像するしかないのですが、
最初はローションでマッサージ、そして次は毛穴のお掃除。
なにやら、相当明るい照明をあてて、私の黒く詰まった毛穴を
お掃除してくれているようでした。
でもこれが結構痛いんです。目にはアイマスクみたいなのが
おかれているので、見えないんですが、
毛抜きで穴をほじられているような感じ。
毛穴のお掃除が終わると、次はマスク(パック?)をして、
その後は眠ってしまい、名前を呼ばれるまで、
何をされたのか覚えていません(笑)。

でも終わって自分の肌を見てびっくり、さわってびっくり。
つるつるになっていました。
毛穴の黒いのもなくなっていました。

その後はフットマッサージというか全身マッサージ。
これはアメリカによくある中国系のフットマッサージ。
でも中国系のフットマッサージの半分の時間は、
肩とか首とか背中のマッサージなんです。
なぜフットマッサージと呼ばれているのかなぞ。

全部で3時間半のコースだったのですが、まさに天国でした。
セレブな人は、こんなことをしょっちゅうしているのでしょうか。
うらやましー。

フェイシャルだけでも月に一回くらい行くと、
何もしないのと比べるとかなり違うのかなあ。
とにかくお肌がツルツルになっていて感動です。
毎日こんな風にツルツルにするにはどうすればいいのでしょうね。

ああ、でもこんな贅沢なことは一年に一回くらいで私には十分です。
贅沢を求める続けるときりがないです。

どんなにあがいても、人間みな年をとるのじゃー、と思って、
老化していく肌を精神的に受け入れて行く事も大切だと思っています。

⇒comment

Secret

No title

私は一度も経験なしです。
気持ちよさそうですね!
見られる職業の人はしょっちゅう行ってるんでしょうね。
それも仕事のうち…だったりして~。
スパ(エステ?)って日本だとどうしても目茶目茶お金がかかるイメージがあります。
海外旅行なんかで体験してみたいなぁ~。
ブログ名の変更
「ヘルシーで簡単!カリフォルニア・クッキング!」は、 「カリフォルニア・ポスト」というタイトルに変わりました。 お手数ではございますが、リンクしていただいてる方は、 ブログ名の変更をしていただけると大変ありがたいです。 変わったのはタイトルのみで、URLに変更はございません。
レシピなど検索してね!
レシピや記事が検索できます。下の検索フォームで検索してみてくださいね~!
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
メールフォーム
ご質問、リクエストなどがございましたら、メールをお送り下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

国内配送料無料!
送料・返品無料でショッピング!
おすすめのリンク
QRコード
QRコード
モバイルでアマゾン
キーワード:
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
BMIをチェックしてみませんか?
プロフィール

ピース

Author:ピース
食は体をつくり、
体は心のすみかとなる
と思っています。
おいしいだけではなく
体にいいお料理を
カリフォルニアの食材を
まじえてご紹介!
動画レシピもあり!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。