スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーガリンは体に悪い?

近年アメリカでは、トランス脂肪酸の危険性について、
いろいろな論議がされている。
ここカリフォルニア州や、ニューヨークでは、
トランス脂肪酸の規制がされている。

『かつて植物性脂肪から作られるマーガリンは、
動物性脂肪であるバターよりも健康によいというような
印象が持たれていた。
しかし近年では逆に、マーガリンに含まれるトランス脂肪酸が
健康被害を与える可能性が指摘されている。
水素添加によって作られる通常のマーガリンは
トランス脂肪酸を7%前後、ファットスプレッドは5%前後含む。
このトランス脂肪酸は心臓疾患や現代病の一因である可能性が
指摘されており、欧米ではすでに食品中に含まれる
トランス脂肪酸の量を表示することが義務付けられたり、
食品中に含まれる量の規制が行われるなどしている。』
(wikipediaより引用)

コレステロールの危険性はよく日本でも取り上げられているが、
トランス脂肪酸の危険性も実はもっと怖いのかも。

こちらのテレビでやっていたのだが、常温で固形化する脂肪は
体によくないらしい。ちなみに常温で固形化する脂肪というのは、
ベーコンや、牛肉の脂肪も含まれる。
反対にオリーブオイルや、魚の脂肪は、常温では液体である。

本当かなあと思って、ベーコンを焼いた後、フライパンをしばらく
ほおって置くと、ベーコンから出た脂肪は白く固まっていた。
そして、さばでも試してみた。さばをフライパンで焼いて、しばらく
ほおって置いた。すると、さばから出た脂肪はなんと、
白く固まっていない!

昔はマーガリンは健康にいいということで売り出されていたので、
信じられなーいという人も多いと思いますが、私はとりあえず、
マーガリンや、ショートニングは避けるようにしています。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると、とっても励みになります!

にほんブログ村 料理ブログへ

【theme : みんなに知ってもらいたい
【genre : 日記

tag : トランス脂肪酸 マーガリン ショートニング

⇒comment

Secret

ブログ名の変更
「ヘルシーで簡単!カリフォルニア・クッキング!」は、 「カリフォルニア・ポスト」というタイトルに変わりました。 お手数ではございますが、リンクしていただいてる方は、 ブログ名の変更をしていただけると大変ありがたいです。 変わったのはタイトルのみで、URLに変更はございません。
レシピなど検索してね!
レシピや記事が検索できます。下の検索フォームで検索してみてくださいね~!
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
メールフォーム
ご質問、リクエストなどがございましたら、メールをお送り下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

国内配送料無料!
送料・返品無料でショッピング!
おすすめのリンク
QRコード
QRコード
モバイルでアマゾン
キーワード:
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
BMIをチェックしてみませんか?
プロフィール

ピース

Author:ピース
食は体をつくり、
体は心のすみかとなる
と思っています。
おいしいだけではなく
体にいいお料理を
カリフォルニアの食材を
まじえてご紹介!
動画レシピもあり!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。